スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

m-School 講座チケットFlashによるeラーニング教材開発技法基本編(3日間講座)

m-School 講座チケットFlashによるeラーニング教材開発技法基本編(3日間講座)m-School 講座チケットFlashによるeラーニング教材開発技法基本編(3日間講座)

講座開催時間[通常コース] 10:00~17:00(受付9:40より / 13:00~14:00は昼休み)Flashによるeラーニング教材開発手法の決定版!BreezeやCaptivateなど、教材をスピーディーに作成できるツールも登場していますが、やはりベースとなるのはFlashの技術です。基本となるFlashで教材を作成できるようになると、ほかのツールで作成した教材と組み合わせて、より魅力的なものにすることができます!Flashによるeラーニング教材開発技法・基本編では、Flash(フラッシュ)の高い表現力を生かし、教材を制作するために必要な知識とテクニックを、多数の実習で紹介します。また、eラーニング(e-Learning)教材で学習履歴を取得する際に欠かせない情報規約のスタンダードである、SCORM(スコーム)に対応した教材も制作します。このような方におすすめです次の項目にひとつでも該当する方におすすめです。学習効果の高いアニメーション効果を使った、解説教材を作成したいナレーションとアニメーションが同期して解説する教材を作成したいドリル問題を作成したいビデオを使った学習教材を作成したいたくさんの教材を効率よく作成したいテスト形式の問題を作成して、学習結果を蓄積したい(ラーニングマネージメントシステム(LMS)と連動させる)なぜ、Flashでeラーニングなのか?eラーニングでFlashを選択するポイントは…eラーニングで学習すると、時間や場所を選ばず自分のペースで学習が行えるFlashで作成した教材は、アニメーション・音声・ビデオなどの素材を使用でき、表現力が豊かであるビデオ教材も簡単に配信できるeラーニングの標準規格(SCORM 1.2)に対応した教材が作成できる講座では、Flashの高い表現力を生かした、学習効果の高い解説教材と、ActionScriptの基礎を応用して、試験教材の制作手順や制作のポイントを学びます。さらに、eラーニングで学習履歴に必要な情報・通信方法などを定義している、SCORM 1.2に対応した教材を制作します。なお講座では、Flash教材におけるSCORMの実装部分をメインに学習しますので、SCORMについての概要はSCORM ベーシックの受講をおすすめいたします。eラーニングの実践講座Flashに関連するアニメーションのテクニックなどは、多くの書籍やWebサイトで紹介されています。しかし、eラーニングに関する情報は極端に少ないのが現実です。「どのような手順で作業を行うのか?制作の際のポイントは何なのか?」本当に聞きたかったeラーニング教材の疑問、これを解決できる講座となっています。m-Schoolを運営しているエスエイティーティー株式会社は、駿台予備学校の自習用教材の開発から、各企業の教育システム開発まで携わっており、教材開発に関するノウハウを豊富に所有しています。その学習ノウハウをいかして、Flashによるeラーニング教材開発技法・基本編を作り上げました。eラーニング教材の作成でお困りの方は、この講座で制作のポイントをマスターしてください。 Flashによるeラーニング教材開発技法・基本編 講座種別 この講座はm-Schoolオリジナル講座です 対象者 アニメーションを使用した解説ムービーを作成したい方 ドリル型のテストを作成した方 解説教材やテスト教材で、SCORM 1.2に対応した学習履歴を取りたい方 企業・組織内で、教育企画に携わる方 前提条件 Flashで簡単なアニメーションを作ることができる ActionScriptの基本的な書き方がわかる(変数、計算式、比較構文[if文]) 講座内容 1日目 Flashによる教材の概要 本講座の概要 作業フローの確認 解説型の教材 プレゼンテーション型解説教材 学習効果を高める演出 音声を活用した解説教材 アニメーションの制御 外部のアニメーションファイルを読み込む アクティブコンテンツをクリックさせるセキュリティを回避する 2日目 ビデオムービーを使った教材 ビデオムービーを使った解説 PIP(パーソンインプレゼンテーション) ドリル型の教材 クイズテンプレートを使ったクイズの作成 ドリル形式の問題の作成 結果の集計方法 外部のテキストファイルの読み込み方法 3日目 テスト型の教材 テスト問題の作成のポイント 結果を集計する 結果を一覧で表示する 問題のランダム出題 SCORMへの対応 LMSへの登録と履歴の確認 修了課題作成 実習 LMSに登録して、履歴情報を確認 習得目標 Flashで教材を開発する作業の手順を理解できる アニメーションを使用した解説ムービーを作成できる 音声、ビデオを使用した、表現力の高い教材を作成できる クイズテンプレートを使用できる ボリュームの多いコンテンツを効率よく作成できる SCORM 1.2に対応したテスト教材を作成できる 受講環境 受講環境は一部ハンズオン(Windows)です(この講座で使用するツールにはMacintosh版はございません)。ノート、筆記用具等はご持参ください。受講に必要なPC等の器材・資料はご用意しております。 受講期間 3日間 受講時間 [通常コース] 10:00~17:00(受付9:40より / 13:00~14:00は昼休み) 会場 m-School / 東京都千代田区三崎町1-3-12 水道橋ビル8階 会場地図 受講料 115,500円 (税込) その他 進行状況により、講座の内容や(お昼をはさむ場合は)昼休みの時間等、若干変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。
さらに詳しい情報はコチラ≫

スポンサーサイト
 
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
MicroAD
RSSフィード
リンク
知らなきゃ損ソン
CM見るだけでポイントGET!
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。