スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

m-School 講座チケットeラーニングプロデューサー育成講座(1日間講座)

m-School 講座チケットeラーニングプロデューサー育成講座(1日間講座)m-School 講座チケットeラーニングプロデューサー育成講座(1日間講座)

講座開催時間[通常コース] 10:00~17:00(受付9:40より / 13:00~14:00は昼休み)eラーニング(e-Learning、eLearning、e-ラーニング)の導入を考えたとき、考えなくてはいけないことがたくさんあります。LMSは導入する?どのメーカーのものを導入する?制作は?外注に依頼する?社内に制作体制を作る?制作ツールは?SCORM(スコーム)への対応は?そもそもSCORMって何?などなど…さまざまな要素を持つ知識が必要となりますが、これをすべて調査していたら…。僕なら1週間はかかります(1日10時間労働で)。この講座を担当するSATT株式会社は、いままで750本を超える教材を作成してきた、eラーニング教材制作のプロフェッショナルです。トラブルもありました。コンテンツが動かずに、夜通し悩んだこともありました。作ってきたからこそ、伝えられることがあります。その培ってきたノウハウをもとに、eラーニングプロデューサーに必要な知識をお伝えし、みなさまの不安材料を一気に解消いたします。それが、eラーニングプロデューサー育成講座です。関連講座SCORMベーシックSCORM 2004クイックマスターFlashによるeラーニング教材開発技法・基本編 eラーニングプロデューサー育成講座 講座種別 この講座はm-Schoolオリジナル講座です 対象者 eラーニングシステムの導入を検討されている方 eラーニングの教材制作を検討されている方 eラーニングの運用改善を検討されている方 前提条件 特にございませんのでお気軽にどうぞ 講座内容 LMSの選定ポイント:導入計画の留意点と作業について LMSの運用を始める:導入計画に基づくスケジュールの組立作業について LMS運用評価と改善作業:運用状況の把握と問題点に対する対応について コンテンツ作成企画:実施する研修に用いるコンテンツの立案について 作成ツールの選定:企画(目的、期間、予算)に対応するソフト選びについて コンテンツ設計:企画に基づく効果的なコンテンツの仕様設定について(ID、RIA、Accesibirity、GlobalDesignなど) 規格への留意点(SCORM / AICC):システムとの連携に欠かせない規格情報について 制作の進行のフロー:実際の制作を効率的に進める上でのノウハウと留意点について(作業分担、著作権、試験方法など) コンテンツ運用評価と改善作業:企画から実践にあたっての評価と改善方法について 習得目標 eラーニングシステム導入の基礎知識を身に付ける 受講期間 1日間 受講時間 [通常コース] 10:00~17:00(受付9:40より / 13:00~14:00は昼休み) 会場 m-School / 東京都千代田区三崎町1-3-12 水道橋ビル8階 会場地図 受講料 10,500円 (税込) その他 進行状況により、講座の内容や(お昼をはさむ場合は)昼休みの時間等、若干変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。
さらに詳しい情報はコチラ≫

スポンサーサイト
 
 

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 
MicroAD
RSSフィード
リンク
知らなきゃ損ソン
CM見るだけでポイントGET!
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。